スタッフがTerminalの日常をお届け。

[Books]レトロな喫茶店をズラリ収録

『東京喫茶店案内 ぼくの伯父さんのガイドブック』沼田元氣・東京喫茶店研究所/ギャップ出版/2002年発刊

いきなり神保町・本郷エリアの店舗がまとめられるほど“レトロ愛”にあふれるカフェ本。赤いベルベットを敷き詰めているような店舗が、いっぱい登場します。『スターバックス』が上陸したのが1996年。渋谷の公園通りに『アプレミディ』がオープンしたのが1999年。本書が発行されたのは2002年。やや時系列が歪んでいますが、昔ながらの喫茶店がフェイドアウトする直前で、赤いベルベットを敷き詰めているような店舗が取材できる最後のチャンスだったのかもしれません。ちなみに対談記事が意外に豪華で、松本隆と林静一との掛け合いも収録されています(「ゆでめん」の秘密が明らかに!)。

●当店に置いている沼田元氣氏の書籍の数々。スーベニイル手帖シリーズも、うっとりするほど昭和のキラキラ感が詰まっています。

関連記事一覧

PAGE TOP