スタッフがTerminalの日常をお届け。

[Books]昭和を愛する、すべての人へ

『ぼくの伯父さんの東京案内』沼田元氣/求龍堂/2000年発刊

90年代前半の漫画誌『ガロ』は、アングラを越えてオシャレな雰囲気が漂っていた記憶があります。当時の誌面を支えてたのは、Jerryでも魚喃キリコでも花くまゆうさくでもなく、沼田元氣の連載グラビア「憩写真帖」だった、といまになって思います。本書にも、その一周回ったオシャレ感は凝縮。詰まり気味の字詰め、マージン少なめのフォーマットに銀塩感たっぷりの写真が散りばめられ、「伯父さん」の好きなコトが書き綴られています。

関連記事一覧

PAGE TOP